TOYOTA BODY SEIKO Recruiting Site トヨタ車体精工株式会社 採用情報

社員メッセージ

経理

すべての部署・人に関われるのが、当社の経理の魅力。

国際コミュニケーション学部 言語コミュニケーション学科(現英語学科)出身

お金にまつわる日々の手続きから予算管理まで。

一口に経理といっても、私の担当だけで、社員の出張旅費の振込処理から、請求書の処理や取引先への支払いのチェック、税務、予算計画の管理まで、幅広い仕事があります。請求書の処理や税務では、ときには数千万円にのぼる金額を、正確に処理することが求められます。予算管理も責任重大。各部署が毎年度、「いつ、何のために、いくら必要か」を申請するのですが、総額数億円~数十億円という金額は、会社の利益に大きな影響を与えます。そのため、予算の消化状況を、各部署の責任者と定期的にミーティングを開いて確認します。私は経理の知識ゼロからのスタート。それでも仲良く和気あいあいとした職場の雰囲気に助けられ、勉強しながら取り組んでいます。日常の仕事は単独で行うものが多いのですが、毎月末や四半期ごとの決算時に、経理全員が担当する数字を集計し、会社全体の売上や利益が出た瞬間は、毎日積み重ねてきたものが数字として目に見える達成感を味わっています。

経理の知識と英語力で、海外展開を支えたい。

予算の管理では、調達や生産技術、人事など、社内の全部署と関わります。本社以外の工場まで足を運んだり、営業担当に売掛金の回収状況を確認することも。社内のあらゆる職場の人に顔と名前を覚えてもらえるのは、この仕事の大きな楽しみです。わからないことだらけの新人時代も、みなさんやさしく接してくれました。経理の知識がついてきた現在は、ルールを守ってもらう責任を自覚し、上から押しつける言い方にならないよう気をつけながらも、ときには雑談も交えて、聞き入れてもらえるような話し方を心がけています。経理として学ぶべきことはまだたくさんありますが、今後当社には海外進出も控えています。「好きな自動車関係の会社で、いつか大学で学んだ英語を使って、海外進出をサポートしたい」というのが、私がこの会社に入社したいちばんの理由。海外送金など、これから必要となる仕事に、経理の知識と英語力でいつでも対応できるよう、力を磨いていくつもりです。

←BACK
→NEXT
一覧に戻る

Pagetop