TOYOTA BODY SEIKO Recruiting Site トヨタ車体精工株式会社 採用情報

社員メッセージ

営業

「会社の顔」として、オンリーワン技術への期待に応えたい。

経営学部 経営管理学科出身

入社1年目、初めて任された製品が、アルファードのロングスライドレールでした。当社の営業はできあがったモノを売る仕事ではなく、お客様が求める製品を実現するための窓口。新製品の図面をもとに、社内の生産技術や製造、調達などと生産可能かどうかを相談して見積もりを作成し、お客様と価格を調整して受注します。納期が迫る中、お客様側では設計変更が発生し、それにより社内の生産技術では製造上の新たな課題が発生。技術的な知識もまだない状態で、両者を橋渡ししながら実現へと導くのは本当に苦労しましたが、先輩や上司の力を借りて、お客様の要望に応えることができました。発売後、販売店で完成車を目の当たりにした瞬間の、「やり遂げてよかった!」という喜びは忘れられません。オンリーワンのロール成形技術には、お客様からの大きな期待を感じます。そんな当社の「顔」とも言うべき営業で、「副島になら任せられる」と認められる存在をめざします。

営業

当社にしかできない技術。その難しさを値段にする。

経済学部 経済学科出身

シートの骨格であるシートフレームは、他社にできないオンリーワンの製品ではありませんが、レバーで動くリクライニングの機構を持つ機能部品であるため、どこにでもつくれる製品でもありません。当社には不具合を出さないための独自のノウハウがあり、その「つくる難しさ」を値段にするのが営業の仕事です。それには現場に足を運び、実際の製品づくりを知ることが重要です。入社1年目の終わりにサーフプラドのシートを初めて1人で担当したときには、お客様との商談で質問されるたびに持ち帰り、毎日のように工場へ走ってはプレスや溶接の技術者にたずねました。たまに怒られながらも、みんな熱心に教えてくれたものです。現在では中堅となりましたが、それでも工程が決まっていない段階で自分が値段を決めるのは緊張感があり、だからこそやりがいも感じます。そして自分が受注した製品が目の前で形になり、全国へと届けられるのは、少し信じがたいような、不思議なうれしさです。

←BACK
→NEXT
一覧に戻る

Pagetop