TOYOTA BODY SEIKO Recruiting Site トヨタ車体精工株式会社 採用情報

社員メッセージ

品質保証

品質に関する決定権をすべて握っているという、責任と手応え。

経営学部 経営学科出身

品質を保証するための計画を立案する。

品質保証は、文字どおりお客様に対して品質を保証する仕事。要求品質を把握したうえで、「ここまでの精度なら保証できる」という当社の品質面の工程能力をお客様に伝え、保証する品質を決定します。しかし品質を保証するためには、お客様との関わりと同じくらい、社内の他職種との関わりも重要です。特に深く関わるのが生産技術。生産準備段階では、生産技術が工程を組み設備を手配しますが、彼らは「図面にマッチしたモノを効率的につくる」という面から設備を立案します。これに対して品質保証は、彼らと相談しながら「品質的にお客様の要求を満たす製品をつくる」という面から、試験評価のしくみを考えることになります。たとえば、「スライドレールのスライド時の動きが軽いか」「異音が発生しないか」など、お客様から提示された基準をもとに、良品か不良品かを判定する測定機器の仕様を決定するのです。いわば「品質を保証するためのストーリーを描く」仕事です。

当社の品質を守る、最後の砦として。

生産準備以外にも、品質保証はさまざまなタイミングでモノづくりに関わります。設計段階では、製品図面をチェックし、品質への悪影響を及ぼす要素があれば営業を通じてお客様に伝え、製品形状を調整してもらいます。ほかにも、組付け時のミスを防ぐための方法を自分であれこれ試しては決定しオペレーターに指導したり、検査のルールを決めるのも私の担当。数年間にわたって一定の品質で生産を続けるための、設備のメンテナンスサイクルを決定するのも品質保証です。仕事はとても多彩ですが、新製品の生産開始から一定期間、不具合が出ないのを見届けたときは、描いたストーリーを実現できた達成感があります。それに、文系出身で専門知識ゼロの状態からモノづくりについて学び、自分の知識が増えるのは楽しいものです。何より、品質に関する決定権が自分にあるのは、この仕事の大きな醍醐味。まだ若い会社で、「品質の最後の砦」という自負を持って、仕事に臨んでいます。

←BACK
→NEXT
一覧に戻る

Pagetop