TOYOTA BODY SEIKO Recruiting Site トヨタ車体精工株式会社 採用情報

社員メッセージ

製造(シート)

クルマをつくる責任感。ここだから、上をめざしてがんばれる。

機械科出身

周囲の励ましで、キツい時期も乗り切れた。

トヨタ系の会社への就職を希望していた僕が当社を選んだのは、ロングスライドレールをつくるオンリーワンの技術がある会社だから。会社見学時に、人事の人だけでなく、すれ違う社員の人もあいさつしてくれて好印象だったことも理由です。せっかく入社するからには長く働きたいので、仕事が自分に合っていることも決め手でした。
配属されたのは、シートフレームの溶接工程。4台の機械に順番に材料をセットして操作する作業でした。自分の作業スピードが遅いと生産ライン全体に迷惑をかけてしまうので、手際よく進めなければならず、プレッシャーがありました。配属された時期が猛暑だったこともあり、体力的にもツラかったです。そんな中、職場の人たちが「たいへんだと思うけど、がんばって!」と声をかけてくれたり、ジュースをおごってくれたりして励ましてくれたんです。周囲の人に支えられて、今もこうして仕事を続けています。

BBの先輩に、いつか追いつき、追い越す!

当社の製造は、1人のスタッフがいろいろな作業をします。溶接工程だけでも何種類もの作業があって、全部を覚えるんです。僕が今、担当しているのは、シートフレームの溶接のチェック工程。確実に溶接されているか、火花によるスパッタの付着や汚れがないかをチェックします。もし溶接の不具合を自分が見落として、そのクルマが衝突事故を起こしたら、乗っている人が大ケガを負ってしまう。そんなことにならないよう、神経を使います。
この会社では、入社するとBB(ビッグブラザー)という教育担当の先輩がつくんですが、僕のBBは3歳上で、どんな仕事も余裕でこなす人。普段は食事やボウリングにも誘ってくれて、何でも話せる存在。いつかはこの先輩に追いつき、追い越したい。そのためにも、教えてもらうだけでなく見て盗み、求められるレベル以上の仕事をするのが、今の僕の目標です。

←BACK
→NEXT
一覧に戻る

Pagetop